おかしいと思ったときにまずする行動

スマホ修理

ほとんどの人が持っているスマートフォンですが、壊れた時にどうすればいいのかを壊れてから考える人も多いです。ですが実際には壊れる前からの対策や対応が必要となり、いざというときに困らないために日々やれることはやりましょう。横浜市ではiphone修理を受け付けてくれるお店は多く、半数ほどが正規店となります。その正規店にiphone修理を頼む際に事前にやっておかなければならないことがあります。その1つがバックアップです、パソコンを持っている人ならば接続することで可能になります。持っていない人でもiCloudを利用してバックアップをとることができます。またAppleIDとパスワードがお店に着いてからわからないという事が無いように、事前に確認し合っていない様なら問い合わせをしておくことが大切です。

お店に行く前にやるべき大切なこと

携帯

大事に使っていてもいつかは壊れるもの、壊れてしまったらお店に修理に行きます。横浜市にある正規の修理店は4店舗、このお店を利用するべきでしょう。その理由ですがiphone修理に関しては、各メーカーのショップや代理店などでは修理ができません。そこで正規の修理を受け付けているお店か、非正規のお店を探しますが、非正規は更に故障が悪化しても保障は無いのでおすすめはできません。では正規のお店へ持っていこうと思うかもしれませんが、この正規店は非常に混雑します。そこでネットなどで修理の予約が可能となっています、日時を指定しその時間にいけば待ち時間も無くスムーズに受け付けてもらえます。壊れた時はあわててお店に駆け込みがちですが、今一度落ち着いて予約から始めてみた方が、時間のロスも少なく済みます。

修理の予約は時期を確認しよう

携帯

一時期話題となったiphoneのバッテリーの値下げ、この時正規店には大量の予約と客で大騒ぎとなりました。この時に予約を取りたくても取れない、予約時間を過ぎているのに待ってしまうなどの事がありました。iphone修理をしたいだけなのに、と思うかもしれませんが、こればかりは仕方がありません。そもそもバッテリーの交換は在庫があればいいのですが、無ければ預ける事になります。横浜市には正規店が4店舗ありますが、それでも在庫は尽きるもの、予約をしても在庫があるかはわかりません。安い、という理由だけで修理も交換もどっちもやろうと安易に予約を取るのはお勧めはできません。時間ばかりを消費して、預けなくてもいいような修理内容で預ける事になる可能性もでてきます。また営業時間と修理受付時間が同じではない店舗も多いです、修理受付時間を掲載していないお店もありますので、必ず調べてから予約をとるようにしましょう。

広告募集中